for beginner初めての方へ。中学校から順に受講されることをおすすめいたします。下記からご選択ください。

 

juniorhighschool
highschool
college
hospital

 

今やわが国の3人に1人が睡眠に関わる問題を抱えています。睡眠不足は仕事や勉強の能率を低下させるだけでなく,労働災害や交通事故のリスクを高めます。

さらに,生活習慣病やメタボリックシンドロームと深く関係しています。

このように睡眠は経済活動から社会生活全般、子どもたちの学力まで、社会の幅広い分野に大きな影響を及ぼしています。
睡眠健康大学では、お一人でも多くの方に睡眠の基礎知識を学んでいただき、睡眠の重要性に気づき、日常生活をより充実したものにしていただきたいと思っております。

睡眠学の学習の意義

睡眠は、人が生きる上で欠かせない生命活動ですが、その役割や重要性について、様々な知見が知られるようになったのは、比較的最近のことです。
睡眠は、単に不眠や過剰な眠気、作業能率の低下だけでなく、気分障害、肥満、高血圧、糖尿病などの多くの生活習慣病の要因となったり、病気を悪化させたりする重要な生活習慣です。
しかし、睡眠障害の多くは、睡眠の正しい知識、教養、生活習慣を身につけることで改善がみられる日常的な活動でもあります。

本大学は、広く子供から高齢者まで、正しい睡眠知識を学んで実践していただき、自ら健康的な生活を営んでいただくことと、その知識を周囲に広めていただき、社会全体で、睡眠で健康になることを目的としています。
本大学には、睡眠に関する情報、講座(ビデオ学習等を含む)、教材、睡眠健康指導士の広場等を設け、徐々にではありますが、内容も充実させていきますので、ぜひご活用をいただきますようお願い申し上げます。

平成25年5月
一般社団法人日本睡眠教育機構
理事長 宮崎総一郎